魚の目は皮膚科で受診

意外に多くの人が足の裏の魚の目やタコにわずらわされています。これらを治すために病院に行く人は相当数いるようです。

魚の目があるからといって命を落とすようなことにはなりませんが、厄介な存在には違いありません。人の体は、一体どのような理由で魚の目になってしまうのでしょう。

魚の目は皮膚の角化によって起こり、その理由は皮膚への摩擦や圧迫など。その形状から鶏眼とも呼ばれます。魚の目の中心には芯ができ、くさび状に皮膚の深部に向かい感覚性神経を刺激します。それが痛みの原因です。悪化して痛みが激しくなると歩けなくなる人もいます。

摩擦や圧迫がかかりやすい足の指が、魚の目になりやすい場所です。歩行が難しくなるほど痛みがひどい時は、独力での治療は困難です。できるだけ早く皮膚科の診察を受けましょう。

皮膚科では魚の目の治療だけではなく靴の選び方などのアドバイスもしてくれるところもあります。足に合わない靴を履き続けていると圧迫や摩擦が起き、魚の目ができやすくなります。

皮膚科の医師の指示に従って、魚の目にならない為の生活習慣の改善などもする必要があるそうです。また魚の目は再発しやすいものですが、皮膚科に行くのが面倒だからといって自分で皮膚を削ったりするとよけに悪化することがあります。

魚の目ができた時は、まだ程度が小さくてもおっくうがらずに医師の診断を受けてください。

魚の目解消に役立つ商品はこちら

おすすめリンク集

明日葉茶についてご紹介

イチョウ葉エキスについてご紹介

青汁についてご紹介

知らないと損する医療費豆知識

ダニの健康被害とダニ退治の方法

話題のサプリメント特集

健康に役立つサプリメントの知識

体のお悩み解決サプリメント