魚の目の治療方法

一番確実な治療方法は、魚の目が出たら皮膚科に行くことです。病院ではどのような処置をして、魚の目をなくすのでしょう。皮膚科での治療は、魚の目の重症度によって変ってきます。

患部の進行が著しい場合には、皮膚科では外科手術で対応します。皮膚科の医師によって、患部を切開をして魚の目の芯をしっかりと取る方法です。この時、中心部分を取り除くために液体窒素やレーザーを使ったり、元から根こそぎ切除して取り払うこともあります。

タコと異なり、魚の目は根本から除去しなければ再発の可能性があります。またスピール膏という腐食剤を使って魚の目の皮膚の部分を柔らかくしてからえぐり取るというやり方もあります。

何度も同じ場所に魚の目ができてしまったり、痛みを感じるくらいに患部が大きくなったなら、完全に治癒させるために皮膚科に行きましょう。症状に合わせた対応をしてもらえます。

市販の薬もあり、小さな魚の目ならこれで対処が可能です。足に違和感を感じるものができた気がして、それが魚の目のようだと思ったなら、市販の薬で手っ取り早く治した方がいいでしょう。

家庭での治療では、硬くなった皮膚を軟らかくするサリチル酸ワセリンを使って角質化した部分を軟化させてまとめて取り払うというものです。

魚の目解消に役立つ商品はこちら

おすすめリンク集

明日葉茶についてご紹介

イチョウ葉エキスについてご紹介

青汁についてご紹介

知らないと損する医療費豆知識

ダニの健康被害とダニ退治の方法

話題のサプリメント特集

健康に役立つサプリメントの知識

体のお悩み解決サプリメント