魚の目ができる原因

どのようなことに起因して皮膚に魚の目ができ、私達を困らせるのでしょう。

足の形と靴が合っていない時は魚の目ができやすいので、皮膚科で診察を受けるとまず一番に確認されます。新しく買った靴のサイズが自分の足のサイズと異なっていたとしても、多少ならば無理矢理にはく人は結構いると思います。

皮膚の圧迫や摩擦が魚の目の原因ですが、足に合わない靴をはき続けていると足の指の根本が圧迫されたり、足の甲の両側が押さえつけられます。それが魚の目を作るというわけです。

元々は皮膚の防御反応で、継続して同じような摩擦や圧迫をずっと受けた結果、皮膚の一部が硬くなって角質化するのです。長期間に渡って同一の摩擦や圧迫を受け続けた皮膚は、防衛のために角質状になります。

皮膚科の先生は必ず靴は足にぴったり合ったものを履きましょうと言うに違いありません。それが魚の目の予防と再発防止になるからです。女性の場合ですとハイヒールなどを無理して履き続けていることが原因で魚の目ができることが多いようです。デザインだけではなく足にフィットした靴を選ぶことが大切なのではないでしょうか。

皮膚科の先生は魚の目はこわい病気ではないけれど、痛みできちんとした姿勢で歩けなくなることにより、姿勢が悪くなり腰痛などの別の症状が出てくることがあることも指摘しています。

できてしまった魚の目は放置せずすぐに皮膚科を受診することも重要です。また、魚の目が再発しないような靴の選び方なども聞いておくと、その後も役立ちます。

魚の目解消に役立つ商品はこちら

おすすめリンク集

明日葉茶についてご紹介

イチョウ葉エキスについてご紹介

青汁についてご紹介

知らないと損する医療費豆知識

ダニの健康被害とダニ退治の方法

話題のサプリメント特集

健康に役立つサプリメントの知識

体のお悩み解決サプリメント